2007年01月14日

ログハウス造りの必需品 チェーンソー

田舎暮らしといえば古民家の他にログハウスに住みたいという考えをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

ログハウスは出来れば自分で建てたいですよね♪

北の国からの五郎さんに憧れていらっしゃる方も少なくないと思います。

そこで必要になってくるのが北の国からでも時折出てくるチェーンソー

そのチェーンソーについてを知っておきましょう。

チェーンソーのメーカーについて


代表的なメーカーとしてハスクバーナ 共立 スチール 新ダイワ ゼノア シングウ などがあります。

いずれも聞きなれないメーカーばかりでピンのこないかもしれませんがプロの方々はこれらのメーカーを主に愛用されています。


購入可能店

農機具販売店や林業機械専門店 森林組合などで購入が可能です。

ホームセンターなどで見かけるマキタやリョービのチェーンソーは電動式でプロ使用でではありません。

チューンソーはメンテナンスが重要な道具ですので、信頼のおけるショップでの購入をお勧めします。

チェーンソーの選び方

排気量によって重量 価格が大きく変わってきます。
重量は3kg〜10kgくらいまで価格は10万円くらいから30万円もするものもあります。

これだけ種類があるということは用途・使用者によって必要なチェーンソーがそれぞれ違うという事です。

またチェーンソーの騒音・振動は手や耳に多大な影響を与えます。

昔の話ではチェーンソーの振動により手の毛細血管が破壊される病気『白ろう病』が社会問題になったことがあったくらいチェーンソーの振動は激しく。現在ではかなり解消されたとはいっても長時間使い続けると同じような危険性は充分あると考えられます。

また騒音に関していえば耳栓をしなけらば確実に難聴になるくらいの騒音です。

何に使うのか どれくらいの木をカットしたいのか 細かい作業も必要なのかなど 用途をはっきりさせて販売店に相談ししっかりと指導を受けた上での自分に適したものを購入される事ををおすすめします。


 







posted by リーコ at 23:16 | 田舎暮らしの便利 グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。