2008年12月30日

シャビーな日曜庭家具職人 

今まで材料にこだわりすぎていたが為に出来ずにいた休日の家具作り。
この一年間でいろいろ考え 思いがあれやこれやと交錯しやっと吹っ切れたような気がする。
妻ともいろいろ話し合い 結論 背伸びせず自分が欲しいそして作っていて楽しい家具をこれからは作っていけばいいじゃないかということになった。売れる売れないは別にして。
材料に関しては広葉樹を頭から切り離し気軽に手に入る物(針葉樹 松 杉 檜)でそれをどのように生かすかは自分次第であると オラそう思う。うん

で今回は妻に以前から以来されていた。キッチンカウンターと額縁。

本業も雇われだけど家具職人の私に期待する妻に私は、
『ホームツールだけで作らなければならないので完成度は期待せんといて 目違い ガタツキ ちょっといがんだりもするからね まあなんというかシャ・・・シャビーな感じになるよ』と妻には前もって報告しておいた。一言お知らせしておけば後はこっちのもん 大好きなラフワークがスタートした。

2008 1215 043.jpg

本業では精密に仕事をしているのでいざラフにしようと思ってもそれはそれで難しく変に丁寧にしてしまったりして困ったもんである。ちょっといがんだりすると『イラッ』としたりして・・・

iuytu.JPG

それでも丸鋸を使って仕事したら大型機械を使ってするよりは味はでる。

2008 1229 025.jpg

言い訳に聞えるかもしれないけど丁寧作った家具もいいけれど僕やはり若干の歪み 凹み 傷があるような家具が好きだ。

それにしても丸鋸で作業するのはさすがにしんどい 大型機械の置けるさらに深い田舎に早く引越ししたいな〜

ご近所に皆様 年末に丸鋸でギャーギャーいわしてすみませんでした。
posted by リーコ at 17:35 | 素敵な田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。