2008年12月22日

クリスマス献血

昨日は高知市に行き街をブラブラしてきました。
街では献血高校生サンタが街で大きな声で献血の協力を求めていました。
献血は三ヶ月に一度 年に三回まで出来る。
私は去年の年末にした以来まる1年間ご無沙汰になる。
なかなか献血車とめぐり合うのも難しいもので高知に来て今回を含め二回見ただけだ。
1回目は時間の都合という理由でスルーしてしまった。
昨日もどうしようと迷ったが『O型ピンチです。』って書いてた。
『ほんまかいな〜』と半信半疑ではあったがした方がいいと思ったので参加した。
看護師さんて言うのかな? 血を抜いてくれはる人はリラックスさせようといろいろ話しかけてくれる。
っで『0型ピンチってほんまなんですかって』聞いてみた。
血液型で一番多いのがA次O次B次AB
『O型はようさんおるから足りん事はないんやないですか?』というのは私の考えでO型は多いから病人もけが人も多いとの事。 なるほど。
その割に献血者が少ないのが現状 なるほどなるほど。
A型は献血者が多いのか 病人が少ないのかはわからないが今は足りているみたい。
だめじゃんO型 しかも血液は各県でまかなわなければならないらしく高知県はワースト上位らしい。
なんとか献血 高知皆さん全国の皆さんしてあげて下さい。
私もこれから年3回可能な限り自分の家族に血を上げると思って献血したいと思います。 IMG_3356.JPG
お土産にウーロン茶 キャンドル バスクリン 高校生手作りクッキー 献血ちゃんのお箸を頂きました。 
上等のクリスマスプレゼント。質より量 量より気持ですよね。

posted by リーコ at 23:58 | 田舎での日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。